乾燥からくる大人ニキビ

MENU

肌に乾燥による大人ニキビの具体的な症状

 

 

乾燥肌でニキビができやすい人の特徴は以下の2点です。

 

  • 季節の変わり目やクーラーなどの空調によって乾燥しやすくなる肌。
  •  

  • 肌内部が乾燥状態でインナードライ体質の肌。

 

乾燥からニキビの症状は大きく分けて上記2点に必ずあてはまります。

 

 

そして、こうした乾燥肌の人の多くは赤くなったニキビやジュクジュクした膿んだニキビができてから慌てて対策をしますが、こうしたスキンケア対策では何度もニキビが繰り返してしまいます。

 

なぜなら、ニキビができてしまってから対策をしても、肌の乾燥を防ぐ根本的な対策ができていないからです。

 

 

赤く炎症したニキビ

 

秋から冬にかけて外気が乾燥しやすくなると突然ポッコリと赤くはれたニキビができる。このような場合は炎症が長く続いて、肌の乾燥がおさまるにつれて自然と赤みが消えていくパターンです。

 

こうした乾燥からくるニキビの原因が肌の潤い不足です。本来であれば春や夏は外気の湿度があるため、スキンケア対策をしていない肌でも毛穴に潤いが保たれています。しかし、季節の変わり目やクーラーなどが効いた室内では肌が乾燥してしまい、潤い不足によって肌が炎症をおこして荒れてしまったり、ニキビのような吹き出物になってしまいます。

 

 

 

ジュクジュクした膿んだニキビ

 

特にあごや頬付近にできやすい黄色い膿んだニキビは典型的なインナードライ肌による症状です。インナードライは一見して肌は普通の状態ですが、肌の内部の水分保持がうまく機能していません。そのため、肌表面も守るために皮脂が必要以上に分泌されてしまい、その余分な皮脂が黄色く膿んでニキビとなってしまいます。

 

インナードライによるニキビは余分な皮脂が固まってしまうことが主な原因です。肌の内部が潤い不足で水分保持できないために皮脂が必要以上に分泌されてしまい、その余分な皮脂が黄色く膿んでニキビとなってしまいます。皮脂は肌内部の潤いが保たれていると適切な量が分泌されますが、インナードライ状態では肌表面を守るために必要以上の量を分泌してしまいます。

 

乾燥による大人ニキビを具体的に解決するスキンケア方法

 

  • 季節の変わり目やクーラーなど空調による乾燥の場合。

 

肌内部はある程度潤っているため肌荒れや赤い炎症ニキビをおさえる有効成分と潤い成分を同時に届けることが大切です。

 

ポイントはグリチルリチン酸カリジウムなど赤く荒れた状態やポコッとでた炎症した赤ニキビに効果的な有効成分と同時に植物性の潤い成分を届けることで乾燥状態の肌が潤いをキープできるようになります。

 

 

 

  • インナードライ状態の肌

 

肌内部の潤いキープができない肌質なため、強力な潤い成分と保湿成分を与えることでインナードライが徐々に解消されていきます。

 

特におすすめはプラセンタやヒアルロン酸などの潤い成分とセラミドなどの保湿成分を組み合わせることです。

 

膿んだ黄色いニキビは余分な皮脂が固まってしまうためにできやすくなるため、肌表面と内部に潤いを閉じ込めてキープさせることが大切です。

 

 

 

ルナメアAC

フジフィルムの独自技術によって潤い成分と赤み炎症をおさえる有効成分をナノ化カプセルとして毛穴にダイレクトに届けることに成功。

 

この新技術によって多くの乾燥肌の人が大人ニキビの悩みから解消されるようになりました。

 

 

 

 

ラミューテ化粧品

ダマスクローズ、ナノヒアルロン酸そしてプラセンタなど潤い効果の高い成分を豊富に配合。

 

またセラミドやコラーゲンなど保湿成分が配合されているため、乾燥肌の肌質を変えて、ニキビができない肌にしたい人たちから絶大な支持を受けています。

 

 

 

 

ノブACアクティブ

肌荒れや炎症した赤ニキビに即効性のあるビタミンC誘導体、保湿効果の高いセラミドやリピジュアを同時に配合。

 

赤いニキビができた時に即効で赤みをなくして、肌もしっとりと潤いをキープしたい!そんな贅沢な悩みを解消してくれる人気の大人ニキビ用コスメです。