混合肌の大人ニキビケア

MENU

混合肌の大人ニキビ対策スキンケアで大切なポイント

 

 

混合肌の代表的なケースが以下の2点です。

 

  • Tゾーン(鼻からおでこにかけて)だけがなぜかいつも脂っぽくテカってしまう。
  •  

  • 鼻の上やおでこはテカるけれど、頬や顎の部分は乾燥する。

 

一般的に普通肌の方でもTゾーン(鼻の上から額)にかけては皮脂の分泌量が多く、頬や顎はそれほど脂っぽくないケースが多いですが、混合肌の場合はそれが顕著です。

 

また、混合肌でもこうしたケースとは逆に頬や顎が脂でテカり、Tゾーンは割りとサッパリしているという人もいます。

 

 

 

気をつけるべきことは混合肌が原因でできる大人ニキビは顔のパーツの肌質によって違いがあるということです。

 

 

 

脂っぽくなりやすいTゾーンは皮脂の分泌量が多くなっていることが原因で大人ニキビができやすい状態といえます。

 

逆に顎や頬などが乾燥しやすい場合は乾燥による水分不足からくる皮脂の多量分泌が原因で大人ニキビができやすい状態です。

 

混合肌の具体的な大人ニキビ対策スキンケア方法

 

Tゾーン(鼻の上からおでこ額にかけて)がベタつきテカる。

 

この場合は皮脂分泌を適正な量にする必要があります。

 

というのも、皮脂は分泌量が多すぎると大人ニキビの原因になりますが、ある程度の適切な皮脂がなければ逆に外部刺激(汚れや紫外線)などから肌を保護することができません。

 

脂っぽくテカる場合はそれらのバランスが崩れています。

 

対策としては皮脂を適切な量に整えて洗い流してくれるクレイ洗顔などで清潔な状態し、天然成分配合で毛穴を引き締めて水分を適切に補給してくれる化粧水を肌に与えることです。油分の多い乳液やベタつく美容液をTゾーンにつけるときは少量に控えたほうがいいでしょう。

 

 

 

頬や顎などは乾燥しやすい。

 

乾燥しやすい部分はテカリやベタつきが気になる箇所とは全く逆の状態で皮脂の分泌量が少なく、保湿がうまくできていない状態といえます。

 

肌が乾燥している状態が長く続くと、肌を外部の刺激から守るための皮脂が分泌されてしまいます。それが知らずのうちに毛穴に詰まって大人ニキビへと発展してしまいます。

 

このような場合の対策は長時間続く保湿力のある乳液や美容液を肌へと与えて、肌が乾燥する状態をできるだけ防ぐことです。水分を与えすぎると逆に乾燥しやすい部分はすぐに肌が乾いて、より乾燥する状態が悪化してしまいます。それを防ぐには肌の奥深くに保湿成分を閉じ込めて長時間、肌内部の潤いをキープさせることがポイントです。

 

 

 

混合肌で大人ニキビができる場合のスキンケアはこのように「Tゾーンはベタつきテカる、Uゾーンはカサカサに乾燥するなど、バランスの崩れた肌状態を適切に調整するようなスキンケアを行う。」ことが大切です。

 

 

 

 

 

ノブACアクティブ

マイルドなピーリングによる角質ケアとセラミドやリピジュアなどの保湿を組み合わせた大人ニキビケア。

 

臨床皮膚医学に基づいて開発されているため、どのような肌質の方でも使える大人ニキビ対策スキンケアコスメとして皮膚科医約8000名が推薦しています。

 

@コスメでも混合肌の方々から絶大な支持がある大人ニキビケア。

 

 

 

 

ビーグレン

天然クレイと天然ハーブによる肌質改善に定評がある世界的ブランド力のある大人ニキビケア。

 

肌内部の乾燥には天然ハーブ成分が潤いを与え、Tゾーンなどベタつく箇所は天然クレイがサッパリと洗い流してくれるため混合肌でも安心して使えるコスメです。

 

 

 

 

ラミューテ化粧品

洗顔から美容液まで肌質をクリアにしてくれる高級美容成分ダマスクローズを配合。

 

天然のローズ成分であるダマスクローズの他にもセラミドやナノヒアルロン酸なども配合されているため、保湿効果も高い高級大人ニキビ対策コスメです。