産後 ニキビ

MENU

産後のニキビ対策スキンケア

 

 

 

出産後に頬に赤くブツブツしたニキビができています。

 

今までこのようなニキビができることはありませんでした。

 

 

どのようなスキンケアをすれば良いでしょうか?

 

スキンケアのほかにもドリンクや飲み薬を飲んだほうがよいのでしょうか?

 

 

 

女性が出産後に突然ニキビができるようになることは珍しくありません。原因としてあげられる代表的なものが女性ホルモンバランスの乱れです。

 

 

普段であれば、肌にハリやツヤそして潤いをもたらすエストロゲンという女性ホルモンが正常に分泌されるのですが産後や生理前後はこのエストロゲンが極端に減少する場合があります。

 

逆に産後や生理中は皮脂などを過剰に分泌させるプロゲステロンという男性ホルモンに似た働きをする女性ホルモンが過剰に分泌されます。これはプロゲステロンが出産などに必要な役割を果たす女性ホルモンだからです。

 

このようにプロゲステロンは出産などには必要な女性ホルモンですが、肌の美容面では皮脂を過剰に分泌させてしまうなどのデメリットがあります。こうしたホルモンバランスの乱れが原因で普段はニキビができない女性でも産後に突然ニキビが発生することがあります。

 

 

対策としてはこうした女性ホルモンバランスの乱れをうまく調整してくれる働きのある有効成分が配合された基礎化粧品でスキンケアを行っていくことです。

 

産後は肌が通常より敏感になっているため、いつも使っている化粧品では刺激が強いと感じられることがあります。さらに、刺激が強い化粧品は肌にダメージを与えてしまいます。

 

 

オススメはダマスクローズなどに代表されるローズ成分や古来から日本人の肌に馴染んだ植物由来成分が配合された化粧品で肌に潤いを与え、十分な保湿をすることです。

 

女性ホルモンのバランスが乱れていなければ正常に分泌されているエストロゲンの働きをこうしたローズ成分や植物由来の成分は補ってくれます。さらに、こうした成分は生理前のイライラやダルさなどの体調不良にも良い働きかけを行ってくれます。※生理中のニキビ・肌荒れ対策特集 ≫

 

 

一方、スキンケアだけで産後の肌荒れやニキビが解消されない場合はサプリメントによって女性ホルモンの乱れを調整する成分を体内へと吸収させる方法もあります。

 

この方法は月経前症候群(PMS)の緩和にも良い働きかけを行うチェストツリーなどのハーブ成分によってプロゲステロンの分泌量を調整するものです。産後や生理前などは女性ホルモンのバランスが乱れるため、肌荒れやニキビだけではなくココロも不安定になる傾向があります。

 

肌荒れやニキビなどの症状だけでなく、イライラや精神不安定などの症状も軽減させたい場合はこれらを緩和する働きがあるハーブ系の成分・チェストツリーなどが配合されたサプリがおススメです。