皮脂コントロール 大人ニキビ

MENU

大人ニキビと皮脂の関係性とは?

 

 

 

皮脂が毛穴に入ったり、肌表面にたくさんあるとニキビができやすいことを知りました。

 

 

皮脂をうまくコントロールすると大人ニキビは治るのでしょうか?

 

 

また皮脂のバランスを整えるスキンケアはどのようなことをすればいいのでしょうか?

 

 

 

たしかに皮脂が毛穴に詰まるとアクネ菌の増殖の原因になり、大人ニキビができやすい状態になってしまいます。また肌表面に皮脂が過剰に分泌されると油っぽい肌になり余分な皮脂が毛穴に入り込み黄色い膿みのある吹き出物になる可能性もあります。

 

ですので皮脂をしっかりとコントロールすることは大人ニキビを解消・予防するのにとても大切なことになってきます。

 

 

しかし、見落としてはいけないこととして皮脂は紫外線や雑菌の付着、そして乾燥などから肌を守るバリア機能の側面があるということです。

 

実際に紫外線などは肌にダメージを与えてしまいますし、雑菌の付着や乾燥は大人ニキビの炎症を悪化させてしまいます。

 

こうしたことから肌に必要な皮脂(油分)をすべて除去してしまうとかえって大人ニキビが発生しやすくなってしまうことがあります。

 

 

そこで大切なのは肌表面に必要な皮脂は残し、余分な皮脂は除去するようなスキンケアを行うことです。

 

具体的に余分な皮脂が分泌されるのは肌に水分が足りなくなる場合や著しく肌が部分的に乾燥しているときです。

 

 

こうした肌状態になるのを防ぐのが肌に潤いを与え、肌内部の水分保持をすることです。さらに、肌を防御するバリア機能を保つためには保湿をしっかりとする必要があります。

 

しっかりとした保湿をすると肌内部の潤いが一定の状態を保つことができるため、必要以上の皮脂分泌を避けることが可能になります。

 

 

黄色く膿んだニキビや肌が油っぽくなり赤く炎症するニキビなどは皮脂のバランスが悪い状態といえるので、しっかりとした肌内部の水分保持と保湿ができるスキンケアを行うことが重要です。