保湿をすると大人ニキビは治る?

MENU

何をしても治らない大人ニキビは何が問題なのか?

 

 

 

口コミランキング上位の大人ニキビ対策化粧品を試しても全く効き目がありません。

 

なにが原因ですか?

 

もうやり尽くした感じで何が効果があるのかわかりません。どうしたらいいですか?

 

 

いま売れている大人ニキビ対策化粧品はどの商品もバランス的にとても優れています。

 

皮脂やアクネ菌などを殺菌・洗浄し、肌に潤いを与え、保湿をする。これらはどの大人ニキビ対策化粧品でも行っていることです。

 

違いは洗浄、保水、保湿の各パートでどこに重点を置いているのか?ということです。

 

 

個々の肌質や症状によって大人ニキビを発生させている原因はさまざまです。

 

女性であればホルモンバランスの乱れ、肌のターンオーバーが悪いなどが考えられます。男性であれば皮脂の過剰分泌やアルコールや喫煙などによる活性酸素の過剰な発生などが原因かもしれません。

 

これらの原因を予防・解消するために人気の大人ニキビ対策化粧品ではさまざまな成分を配合しています。

 

ある人気大人ニキビ対策化粧品はホルモンバランスの乱れを調整する成分を配合していてそこに重点を置いている、対して他はビタミンCなどを配合して炎症を和らげることに重点を置いているなどの違いが必ずあります。

 

そのため、まずは自分の症状と肌質を確認しましょう。

 

そしてそれらをもとに自分の肌質に合った化粧品、症状に適した化粧品を選ぶのが基本です。こうしたことを実践しても治らない大人ニキビは専門の医療機関などに相談するのが得策です。

 

 

自分でできることをやり尽くした場合でも大人ニキビを予防・解消するための重要なケアができていなければ大人ニキビは繰り返す傾向にあります。特に最近の傾向としてあげられるのが保湿ができていないということです。

 

大人ニキビケアの基本的なステップは皮脂や汚れを洗浄し、潤いを与え、保湿をするというものです。最近はこうした方法がベストだといわれています。しかし、このステップでも保湿を行っていない、またはできていない人は大人ニキビが治らず繰り返す傾向にあるのです。

 

 

大人ニキビケアにおける保湿とは肌に潤いをキープさせる、肌のターンオーバーを正常にする役割があります。そのため、保湿ができていないと肌に潤いがないために乾燥しやすくなり皮脂や菌が毛穴に入り込みやすくなります。

 

さらに、潤いのない肌は毛穴に汚れが溜まりやすくなり、角質が汚れで埋まり、角質肥厚という角質層が固くなります。そして肌の生まれ変わりが悪くなるのです。

 

これにより、しっかりと洗浄し、潤いを与えた肌でも保湿がうまくいっていないために大人ニキビがいつまでも治らない、すぐに繰り返すといったことがおこります。

 

 

このため、何をやっても大人ニキビが全く良くならない人は大人ニキビケア口コミランキングや人気ランキングに入っている大人ニキビ対策化粧品でも保湿に重点を置いている化粧品を使ってケアすることをおすすめします。