ニキビ 石鹸 洗顔

MENU

石鹸でニキビ対策するときのポイント

 

 

泡立ちもよく、肌を清潔に、健康的にしてくれるイメージのある石鹸洗顔ですがニキビ対策の洗顔料として使用する場合には石鹸のメリット・デメリットを正しく理解しておく必要があります。

 

これは石鹸タイプの洗顔料をニキビ対策として使いはじめてから、逆にニキビが悪化したという事例が増えているからです。

 

◇石鹸での洗顔によるメリット

 

  • 強力な洗浄力

石鹸タイプの洗顔料には濃いメイクやオイル化粧品などをも強力に落としてしまう洗浄力が備わっています。

 

  • コスパが良い。

洗顔フォームやクレイ洗顔などに比べて、石鹸は長持ちするのが特徴です。通常、1か月程度でなくなるタイプの洗顔料が多いですが、石鹸タイプの洗顔料は2〜3か月使えるものもあります。

 

 

こうしたメリットに対して石鹸によるニキビ対策洗顔はデメリットも存在します。

 

 

◇石鹸での洗顔によるデメリット

 

  • 肌に必要なものまで落としてしまう「洗いすぎ」

ニキビ対策として皮脂や肌表面の汚れを洗浄することは大切ですが、石鹸は洗浄力が強力なため、肌に必要な皮脂までも洗い流してしまいます。これにより肌に必要な防御機能である適切な皮脂がなくなることで毛穴に汚れが入りやすくなってしまうのです。

 

  • 肌にダメージを与えてしまう可能性

ニキビ対策の石鹸洗顔料は洗浄力が強いことのほかに、殺菌力が強力だといわれています。特に界面活性剤やバラベン、石油系などの油が配合されているものが多いため、ニキビができている敏感な肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

 

ニキビ対策の石鹸にはこうしたデメリットも存在するため、最近では石鹸タイプのニキビ対策洗顔料に切り替えてから逆にニキビが悪化したという人が増えているのです。

 

こうした事態を避けるためにはニキビ対策に適した石鹸選びをしなくてはなりません。

 

 

肌質に合ったニキビ対策石鹸を選ぶコツ

 

 

ニキビ対策の石鹸洗顔料を選ぶときに最も気をつけなければいけないポイントが自分の肌質に合ったものを選ぶということです。日本人の肌はほかの人種にくらべて敏感でキメ細かい肌質だといわれています。

 

 

日本人の肌質には強力な洗浄力・殺菌作用の強い石鹸は合わないのです。

 

 

そのため、現在は口コミなどでも刺激が弱く、天然無添加で洗浄力があり、保湿力のあるものが好まれています。

 

これは無添加の天然成分によって洗浄することで肌への刺激を弱くしているため好まれているのです。また、石鹸での洗顔でおこりやすい肌のツッパリやヒリヒリ感を保湿力によってカバーしていることも人気の秘密です。

 

ポイントはこうした天然無添加のニキビ対策石鹸を使用することでニキビができにくい肌質への土台ができるというです。

 

 

天然無添加でニキビができにくい肌作り!

 

赤ちゃんの肌にも使えるニキビ対策石鹸の体験はコチラから

 

 

石鹸を使っていたら刺激が強くて肌が痛くなった。

 

ニキビに評判の石鹸を買って使っているとニキビが不思議と悪化した。

 

こういった方々が天然無添加のニキビ対策石鹸を洗顔料として使い始めて、ニキビのできにくい肌作りに成功しています。

 

 

関連ページ

大人ニキビ洗顔料特集
大人ニキビのスキンケアの中でも重要だと言われている洗顔。おすすめの洗顔料、そしてどのように洗顔すれば大人ニキビに効果的なのか?大人ニキビの洗顔料特集です♪
アクアヴィソープ 口コミ詳細レビュー
野菜メーカーが作った化粧品・アクアヴィ。赤ちゃんの肌にも使える安心の自然派化粧品は大人ニキビに効果はあるのか?どのようなスキンケアが効果的か?口コミ体験談とともアクアヴィのレビューをしています。